羊の毛で布を作るhou homespunのブログです。
羊の布の仕事、旅とおいしいものと犬。
ときどき本を作る仕事をめぐるはなし。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
宮崎と別府
黄砂の国へ旅をしてきました。宮崎県の延岡から別府を駆け抜けた2日間です。
思ったより黄砂は少なくてほっとしました。
宮崎では空港の近くに行ってみたいと思っていた鮨屋があったのですが
まさかのお休み。。。がっくりしてる暇はありません。
それならばと、おそば屋さんに入ってみるとそこに。
ありました。季節限定すだち蕎麦。
丸ごと一個、ぜいたくにすだちを使ったメニューです。
「潰しながら食べてくださいね」とお店の方に言われたのですが
スライスしてあるすだちを潰すのは至難の業です。
頑張ってお箸で潰すと、なるほど素晴らしい芳香が!
出し汁にすだちのさわやかな酸味が溶け合って
えもいわれぬ美味しさです。
でも、気付いてしまいました。
これは家でも出来る。ただすだちを丸ごと一個使う勇気さえあれば。。。!

夫が故郷の延岡で仕事だったので、そちらへ移動。
晩ご飯のお店へ向かう途中に、見つけてしまったのです。
喫茶マガジン倶楽部。
入りたい。ものすごく入ってみたい。
コーヒー専科なのに、マガジン。
きっと中にはドカベン163巻全巻がそろっているに違いない。

しかし忙しい私たちには、そんな時間はありません。
さっさと温泉に行かなければいけないのです。
初めの温泉はご存知ラムネ温泉。
藤森照信設計、南しんぼうのロゴ。
めちゃくちゃプロデュースされまくっています。
広告代理店が綿密に練った企画書の存在が裏側に透けて見えるような
そんなラムネ温泉ですが、かわいいから許します。
でもね、冷たいんです。お湯が。
32℃しかないんです。
この時期、はっきり言って苦行です。
でも、プチプチの泡が体中について、おもしろいから許します。
ここは夏にまた訪れたい場所です。
とても温泉に入ったとは思えない寒さに震えて、
熱湯で有名な明礬温泉、鶴寿泉に駆け込みました。
いつもなら全身がヒリヒリするような熱湯なのに
今日はなぜだかすんなり、湯に体を沈められます。
その後、別府に降りて、木造がかわいらしい町営朝日温泉
国際民宿こかげの岩風呂を経て、最後は気になっていた温泉へ。
大正五年に作られた世界でいちばん細い路地に立つ梅園温泉。
ここも地域の人が守っている温泉なので、入ってくる人はこの辺の方ばかり。
ここがいちばん、あちあちヒリヒリでした。源泉ごぼごぼ沸いてるし。

いい気分で別府の中で、もっとも愛するエリアを散策。
前に来たときにも会った猫のしろちゃん。
ノラかと思ったら、飼い猫でした。よかったねえ。しろちゃん。
そしてこのおふたかた。
去年も見かけたけれど、今年も再会できて良かった。
ワンコは片目が完全につぶれててもちろんノーリード。
三毛ちゃんに近づくモノには容赦なく吠える番犬なのです。
どういうつもりで三毛ちゃんを守っているのでしょう。
恋人?子供?家族?
とにかく、大好きなんです。三毛ちゃんのことが。

別府はいつでも私をいい気分にさせてくれる街です。
そして別府の人たちは、絶対に旅人をほっといてくれない
温かな人ばかりです。
 comments(0) trackbacks(0)
| 1/1 |