羊の毛で布を作るhou homespunのブログです。
羊の布の仕事、旅とおいしいものと犬。
ときどき本を作る仕事をめぐるはなし。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
ちょっとものたりない、くらいがいい。
いよいよ12/5より京都kitでの展示会が始まります。

 


こんどはどんな布を織ろうかな。
実際に織り始める前に、だいたいの設計図を
頭の中とノートに描いていきます。
そんな作業の時にいつも大切にするのが
布として完成されたものより、
ほんの少しものたりないところで留めておこうという感覚です。

こう言ってしまうと、何だか手抜きのように聞こえますが
布として「できあがっちゃってる」ものよりも
ひとが身に付けた時に、やっと「できあがる」ように
ちょっとした「隙」みたいなものがあったほうが 、うまく行くような気がするんです。
布が主役ではなく、身に付ける人と布とが寄り添い合ってひとつになった時
どちらも輝いて見えるんじゃないかと。
その加減が悩みどころでもあり、腕の見せどころであればいいなと願っています。

今回のテーマのひとつ、チェック。これがなかなか手ごわい相手。
クッキリし過ぎると、そこにばかり目が行くし
ぼんやりしてるのも、イナタいし。
まだまだやり切れなかったなあ、という思いが残ります。
もっとできることがありそうで…
また来年もチャレンジしたいな。奥深いチェックへの道。

最後に織り上げたのはタータンもどき。
やりすぎないよう、配色などに気をつけてみました。
そして新たな試み、ポンポン房のはじっこを長く伸ばして
たらしたままなら揺れるまなざし。
ぎゅっと結ぶとちょっとかわいい雰囲気に。
わが家では大王イカマフラーと呼ばれています。。。

いよいよ本日から展示会スタート。
多くの方にお目にかかれますように。










 

 

ホームスパン comments(0) trackbacks(0)
お茶の時間は大切です。

いよいよ展示会まで一週間。でも、まだまだ作業の手は止まりません。

「最後の2週間が一番のってくるのよ」とは、
70歳を目前にした尊敬する織りの大先輩のお言葉。
胸に刻んで日夜頑張っております。

とはいえ根を詰め過ぎると、仕事も荒くなり
疲れもミルフィーユのように層をなして溜まっていくというもの。

そんな時は、気晴らしに散歩や買い物に出かけます。

そしてついつい、足が向いてしまうのが、
近所のみんなの憩いの場「サウスアベニュー」。

kitでもサウスアベニューの中国茶を取り扱いしているので

ご存知の方も多いでしょう。が、うっかりお茶の専門店だと思ったら大間違い。

訪れるたびに何が出てくるか分からない、予測不能の品揃え。

清々しく美しく、しかもこの上なく怪しくヤバいものが必ず見つかる、

お財布を開かずには帰ることのできない

アリ地獄のような店……いや、これ褒め言葉ですから!

もちろんお茶の品揃えは天下一品!

できるだけ産地に出向き、自分の目で確かめて選んできたという

オーガニックの中国茶を初めて飲んだ時の驚きは

今でも鮮明に覚えています。

季節ごとのブレンド茶も見た目、味、パッケージと

どれをとっても天才の仕事。

スタッフのヤスナちゃんが淹れてくれるお茶を飲みながら

あははあははと笑っていると、日ごろの疲れもすーっと流れていくのです。




ヤスナちゃんが巻いているのは緯糸にシルクとアクリルのを使ったリング糸
経糸にシェットランドとブルーフェイスレスターの紡ぎ糸を使用した
ヘリンボーンのショール。
柔らかくて軽くて、シルクならではの光沢もあるのでエレガントな雰囲気も。
お着物にも合うような気がします。
同色でヘリンボーンを織る、というのが今年のマイブーム。
よーく見ると、ヘリンボーンになっているという奥ゆかしさが
なかなかよろしいのではないかと思っています。

ホームスパン comments(0) trackbacks(0)
ホームスパンは手紡じゃないとダメなのかしら?


「ホームスパンhomespun」とは文字通りhome「家で」spun「紡がれた」
糸で織られた布を指すと言われています。
ホームスパンの仕事はまず羊の毛を刈り取り、優しく洗ってほぐし
必要に応じて染色した後、カーディングという毛の流れを整える作業を経て
ようやく紡ぎの工程にはいります。ここまでが全行程の約半分。
気の遠くなるような時間がかかります。

今回の展示会では初めて既成のシルク糸やウールのリング糸を
緯糸(よこいと)に使ったものもあります。

ホームスパンといえば手紡であることが大前提。

でも、それだけじゃ表現しきれない世界観にチャレンジしてみてもいいんじゃない?

ホームスパンを初めて10年弱経って、

ようやくそんなふうに柔軟に考えられるようになったのかもしれません。

既成糸を使ってみて、なかなか面白いマフラーができあがりました。

手紡では表現しにくい風合いや雰囲気を作ることができて

新しい世界が広がったのは私にとって大きな収穫でした。

逆に、手紡の素晴らしさを再確認したことも。
それは、空気のような、その軽さ!

既成糸は何本かの糸をより合わせているので

その分どうしても重さに負荷がかかります。

その点、暖かな空気をまとっているような感覚を味わえる
単糸の手紡糸の軽さは、何ものにも変えがたい魅力。

そんなことに気づいたことも今回の大きな収穫です。


どちらがいいか、ではなく、どちらもいい。
展示会では実際に身に付けて、両者の魅力を感じていただけたらうれしいです。

ホームスパン comments(0) trackbacks(0)
2014年hou homespun展示会を行います。

気がつけばもうユーミンに明け暮れた夏はとっくに過ぎ去り
さりとてユーミンの冬の歌は余り好きではないわけで。
まあ、そんなことはどうでもいいのです。

日を追うごとに寒さが厳しくなる季節がやって参りました。
さあ、今年もホームスパンの暖かいマフラーをぐるっと巻く日々が始まります。
2014年はいつもお世話になっている京都のkitにて
12/5(金)〜15(月)まで、展示会を行います。
今年のテーマは「チェックとツイード」。
ホームスパン=手紡手織りの布が生まれた英国を思い
クラッシックかつトラディショナルなテキスタイルを織り上げました。
軽くて暖かいマフラーを身につけることで、寒い冬も心躍る季節へと変わりますように。
皆様のお越しを心よりお待ちしております!





 

ホームスパン comments(0) trackbacks(0)
船を編む
続きを読む >>
ホームスパン comments(0) trackbacks(0)
オーダーメイド
春とは思えない寒さに震えた4月が終わって、よのなか的にはGWですが
毎日がホリデイの私にはいつもと変わらない5月の日常です。
先日、クウネルでも紹介させていただいた、ラオスで手仕事の指導をされている
谷由紀子さんの展示会@fu do kiに行ってきました。
今回はずべて手縫いで作られた洋服がメインです。
すごいです。人の手ってすごいです。
縫い目が細かい!ミシンを超越した超絶技巧……
人の手で出来ることって、まだまだいっぱいあるのです。
しかも機械よりもずっときれいな仕事。
またもや、考えさせられる展示会でした。
うーん!ラオス!行きたい!

久々にお会いした谷さんと、ゆっくりおしゃべりできたのも楽しかった。
その時「これから暑くなるけど、上杉さんのお仕事の内容は変わるの?」
と聞かれたのですが、ホームスパンに春夏秋冬なし。
一年中毛まみれです。夏は繊維が肌にベタッとくっつきやすいのが難点です。



今年は、いろいろとご縁があって初めてオーダーメイドの注文を受けました。
ただいま2本目製作中です。キャメルとシェットランド(モーリット)の混紡を
細く細く紡いで大判のショールにします。
あまりにも細いので経糸は糊付けしました(写真下)
この後、数本のオーダーのお仕事が待っています。
お客様に素材や色を見て選んでもらって、似合うサイズを検討して…
初めての試みなので不安もありましたが、お客様とやり取りする中で
いろんな発見があり、何でもやってみるもんだなあ、と思いました。

オーダーメイドに関しては、これからも検討していこうかなあ、と思っています。
興味のある方は、お気軽にメールでご連絡くださいませ。


谷さんのところで買ったクッション。最初は夫に、と思ったのだけど
やっぱり自分のものに!だって機の椅子にぴったりなんだもん。
中綿からカバーまで、もちろん全部手づくり。
おかげさまで仕事がはかどります。がんばります。
ホームスパン comments(0) trackbacks(0)
| 1/1 |